テキサスホールデムで使用するマーチンゲール法

マーチンゲール法は投資の際にどれくらいの金額にするのかを決定するために編み出された手法です。心理的な駆け引きの要素が強いテキサスホールデムポーカーにおいて感情面でのゆらぎを極力抑える方法として有効な投資法であるといえます。この投資方法はとても簡単なのですぐに理解することができます。こちらの記事もチェック! ジャックポットシティで遊べる注目ゲーム5選
テキサスホールデムポーカーで勝負を行い、負けた時に次の勝負の時には前回の負けた時に賭けた金額の倍を賭けるようにするだけです。次の勝負でも負けた時には今までの負けた分の倍を賭けることになるので負けた分の損失を1回の勝利で取り戻せるという訳です。

マーチンゲール法をさらに改良したものに大マーチンゲール法というものも存在しています。この方法はテキサスホールデムポーカーの勝負に負けた時の賭け金を2倍してさらに+1とするのです。こうすることでマーチンゲール法では損失分を取り戻すだけでしたが、+1とすることによって1回の勝利で利益まで獲得することができるようになります。

マーチンゲール法、大マーチンゲール法どちらの方法も負けた状態が続いてしまうと賭けるための金額がどんどん上がっていってしまうことに注意しなくてはいけません。カジノのルールによっては賭ける金額の上限が定められている場合があるのであらかじめ何回まで負けることができるのか把握しておかないと損失を拡大させてしまうことになるので注意が必要になります。この賭け方を採用するのは、自分の勝負の波を見極めて短期間に一気に勝負する時に有効になる方法といえます。さらにこの賭け方に精通するために1回目から10回目までの連敗する確率、賭け金、累計した賭け金、勝利した場合の利益といった項目の表を作成して実際の数字を確認することをおすすめします。