ルーレットで遊ぶ時に最適なモンテカルロ法

モンテカルロ法は様々なゲームに応用できるやり方である一方、配当が2倍、3倍のもので一番効力を発揮するものとされています。カジノのゲームの中で一番応用しやすいのがルーレットです。配当が2倍3倍になるものを含み、賭け方も多様にあることからすぐに始められ、モンテカルロ法とも親和性が高いのがポイントです。モンテカルロ法は多少負けが込んでも、5割を少し超えるような勝率であれば確実に儲けを出すことができます。負けにくい必勝法としてもおすすめであり、ルーレットであれば最大限応用することが可能です。人気の大小(シックボー)についても知りたい方はこちら ウィリアムヒルスポーツカジノで遊べる全種類の大小(シックボー)を徹底調査

モンテカルロ法を応用する場合は最初の賭け金が重要です。数列に数字を並べる際、10まで並べれば最初の賭け金は11ドルになります。負ければ賭け金の数字を足していきます。2倍であれば両側から1つずつ消していき、3倍であれば2つずつです。その一方、最初に設定する金額が高くなれば、それなりに回収に時間がかかるだけでなく、勝ち方や負け方によっては出費が膨らむことも言えます。ルーレットには0や00を含むものもあるため、うまくいかないこともあります。初心者の段階では賭け金を少なくしてやることをおすすめします。

大きく勝ちたい場合などは3倍のものを選ぶことで一気に回収できます。その分、負けが込みやすいですが、モンテカルロ法であれば緩やかに回収していくため無理をする必要もありません。長期戦の勝負をする場合に最適な方法がモンテカルロ法です。裏を返せば、少ない資金でもうまく勝ち続ければそれなりに楽しむことが可能です。オンラインカジノなどではこうしたやり方をしても特に問題はありませんが、実際に対人で行う場合、メモを持ち込む行為などが不正にあたることもあるため、場を選ぶことも必要です。