必勝法別のルーレットの勝ち方

気軽にプレイできるルーレットですが、多くの必勝法を使えるという意味では、ルーレットも例外ではありません。マーチンゲール法やグランマーチンゲール法のほか、パーレーやダランベールなど複数あり、システムによって使い分ける必要があります。

マーチンゲール法は勝ち方としては最もオーソドックスで、負けるたびに賭け金を2倍にしていく方法です。確率の高いベットに賭けることで早い段階で回収できるというメリットがある反面、利益は少なくなります。これを発展させた手法がグランマーチンゲール法で、前回の賭け金を2倍し1プラスしたものを賭け金とします。例えば最初に1コインを賭けた場合、2回めは1を2倍し1プラスした3コイン、3回めは前回の賭け金を2倍し1をプラスした7コインが賭け金です。2回めに当たった場合は2コイン、3回めでは3コインが利益となるように、必ずプレイ回数分の利益が得られる仕組みとなっており、マーチンゲール法に比べ利益が大きいぶん資金力も必要とします。バカラに興味のあるかたはこちらファビュランス4バカラのルールと攻略法・必勝法を完全ガイド!

パーレーはこれらとは対照的な位置にある必勝法で、勝った時に賭け金を増やしていきます。最初に1コインを賭けて当たった場合は、次のゲームで2倍の2コイン、更に続けて当たった場合は4倍とします。引き際が肝心で、成功した時には大勝となり勝ち方は派手ですが、失敗しても負けはわずかです。勝って手持ちの資金が増えたぶんだけ賭け金をアップするという性格から、資金力に乏しい人にも使いやすいというメリットがあります。ダランベールは、負けた次のゲームで1コインだけプラスし、勝った場合は賭け金から1コインマイナスする方法です。マーチンゲール法と異なり負けを1回で回収するのは不可能で、資金の増減が緩やかなため、勝ち方も負け方も派手さが無く、ルーレットを長くプレイしたい人に向いています。