ネットカジノとは違法なのか

一攫千金も夢ではないカジノは、ギャンブルの中でも世界的に人気があり、多くの人たちが遊んでいる遊戯でもあります。そんなカジノですが、日本ではまだ存在していないため、遊ぶためには海外へ出る必要がありますが、それだとなかなか時間もないというわけで、注目を集めているのがインターネットを利用したオンラインカジノことネットカジノです。ビンゴゲームのルールを知りたいかたはこちらビンゴはカジノゲーム!?ルールや遊び方を徹底解説

ネットカジノの場合、インターネットが可能な環境ならば、時間も場所も関係なく、自由にカジノを楽しむことが可能です。それゆえに日本ではネットカジノは高い人気を誇っていますが、ここで気になることが、違法か合法かということです。まずネットカジノの大半は、海外のギャンブルがしっかり法律で認定されている国のライセンスを取得しており、運営企業についても国営の場合や有名上場企業など、基本的に大手で信用のできるところが合法的に運営しています。それゆえに昔の映画などに出てくるような、マフィアなどの怪しげな組織が運営しているわけではありません。そういった意味では安全性も高いのですが、しかしながら日本では賭博法という法律で、ギャンブルは基本的に禁止されています。それゆえに競馬や競艇など、国で認められている一部のギャンブルを除き、勝手にギャンブルが出来る施設などを運営してしまうと、当然ですが摘発されます。たとえばたまに日本では闇カジノなどが摘発されるケースもありますが、これは違法行為になるためであり、堂々と運営することは基本的に違法になりますし、そういった施設を利用することも禁じられており、運営側も利用客も同時に逮捕されることになります。

ただしオンラインカジノとなると、実際にお店で運営しているわけではありません。しかも海外の公式かつ合法なカジノでもあります。そうなると運営側を摘発することは事実上不可能であり、それゆえに利用者側だけを検挙することも滅多にありません。しかもインターネット経由なので証拠や立証が難しいこともあり、現在の段階では、ネットカジノは合法ではないけれど違法とも言い切れないといったような、グレーゾーンとして認識されています。