オンラインカジノのルーレットで使えるマーチンゲール法

家に居ながらにして楽しめるオンラインカジノは、場所を必要としないことから多種多様なカジノゲームをプレイできるというメリットがあります。新しいゲームにいち早くチャレンジできるほか、誰もが知っているスタンダードなゲームもプレイ可能で、ルーレットもその一つです。バーチャルな世界で行われますが、賭け金や払い戻しに関しては通常のカジノと変わりありませんし、普段使われる必勝法も利用可能です。人気のカジノゲームを知りたい方はこちらウィリアムヒルスポーツカジノで遊べる全種類のバカラを徹底調査

例えばカジノの世界には、マーチンゲール法と呼ばれる必勝法が存在します。マーチンゲール法は別名「倍かけ法」とも呼ばれ、最終的に必ず利益が得られる必勝法として有名です。仮に最初の賭け金が1コインだった場合、負けた時は次のゲームで2倍のコインを賭けます。続けて負けたとしても、勝つまで更に2倍のコインを賭け続けることで、必ず1コインの利益を得るという方法です。

ルーレットには、0と00の他に1から36、合計38の数字が存在します。1つの数字に賭けると38分の1という低い確率になりますが、奇数や偶数、もしくは赤や黒という賭け方もあり、これらは38分の18という限りなく2分の1に近い数値になりますから、マーチンゲール法が有効です。仮に確率を2分の1とした場合、5回連続で外れる確率は0.5の5乗ですから約3.1%となります。裏を返せば96.9%の確率で、5回めまでに取り返す可能性が高いと言えます。0と00を考慮した実際の数値38分の18で計算しても、0.526の5乗で約4%です。1回めを1コインとすると2回めは2コイン、5回めの賭け金は16コインですからさほど大金を必要とするわけではなく、少なくともルーレットでは誰もが利用できる必勝法となります。