ポーカーの攻略法マーチンゲール法の特徴

ポーカーは、トリックテイキングゲームのコントラクトブリッジ、同スートで連続する札を形成するジン・ラミーと並ぶ世界三大カードゲームの一つであり、ノーリミットテキサスホールデムやテキサスホールデムの違いがあるものに自分自身がプレイヤーとして参加する事でチップを獲得するギャンブルです。ポーカーの勝敗は、役作りに加え心理戦が大きな影響を及ぼす事からマーチンゲール法などの攻略法が最終的な結果を大きく左右します。ポーカーをするなら、こちらの記事もチェック! 芸能人も通っている裏カジノ・闇カジノの実態
マーチンゲール法は、理論上絶対に負けない攻略法と呼ばれる一方で倍賭け方とも呼ばれる事から攻撃的な攻略法とされ、勝つまでは賭け金を2倍にし続ける攻略法ですあり、1度の勝利でその時点の損失分を一気に回収する事が出来ます。負けた場合には、損益分の2倍の賭け金を賭ける事になる事から連敗すると賭け金が非常に高額になる危険性があり、賭け金の高騰からテーブルリミットに引っ掛かってしまう事があるので注意する必要があります。
グランマーチンゲール法は、2倍の賭け金を直近の賭け金に上乗せする攻撃的な攻略法であり、勝った場合にはその時点の損益分を一気に回収するだけで無く利益も得る事が出来るメリットがあります。3倍マーチンゲール法は、文字通り賭け金を3倍まで引き上げ勝つまで賭け続ける超攻撃的な攻略法と言えますが、ポーカーのテーブルリミットに引っ掛かってしまうだけで無く精神的負担が大きい攻略法と言えます。実際に3倍マーチンゲール法は、7連敗後の賭け金は当初の賭け金の2187倍まで膨れ上がってしまうので充分な軍資金があっても長期にわたって用いる事が不可能な攻略法であり、他の攻略法と組み合わせて損益分を減額する必要がある攻略法とも言えます。